スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼酎の乙類とは?

人気ブログランキングへに参加しています。ポチ!っと応援よろしくお願いします!


お酒・ドリンク ブログランキングへ

焼酎の乙類は、
酒税法で定められた種別基準であり、
単式蒸留機を使用して作られます。

古くからの伝統的な焼酎は乙類のほうで、
旧式焼酎とも呼ばれています。

乙類の焼酎の特徴は、
単式蒸留方式で高濃度のアルコールを抽出する為に、
蒸留を何度も繰り返す手間とコストがかかっている分、
香りと味わいの深さが素晴らしいということです。

米・麦・芋といった原料の素材の持つ旨みを最大限に生かした焼酎とも言えます。

そんな乙類の焼酎をもっと美味しくするために、
酒器も、
より味わい深いものを使うべきでしょう。

ここでおすすめするのが、
錫右衛門の錫製酒器「手触感のある ペアぐい呑み」です。

このぐい呑みは全て職人の手作りで、
手触り感も良く、
口元はツルっと磨き上げられていますので、
焼酎が口に入る瞬間、
普通のぐい呑みとは違った独特の感覚になります。

職人の優しさと愛が感じられる、
この錫製酒器「手触感のある ペアぐい呑み」で、
さらに乙類の焼酎が美味しくなることでしょう。

 
☆錫右衛門ショップサイトはコチラ☆
suzuemon250
 
スポンサーサイト

テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

焼酎の甲類とは?

人気ブログランキングへに参加しています。ポチ!っと応援よろしくお願いします!


お酒・ドリンク ブログランキングへ

「たっぷり入るツヤ消しの十角 ペアぐい呑み」を使ってみる

焼酎には酒税法によって種別基準があり、
大きく分けて2種類あります。

それが、
甲類と乙類です。

甲類は、
連続式蒸留機を使用して作られ、
アルコールの純度の高いものを水で薄め、
アルコール分36%未満という基準値をクリアした焼酎です。

生産コストが安く、
大量生産に向いていますので、
よく見かける大型容器で売られているものは甲類であることが多いです。

但し、
製法上、
原料の持ち味を抽出することが出来ないので、
味も臭いも薄く、
あっさりした焼酎になりがちです。

しかし、
その分飲みやすいとも言えます。

大五郎やジンロが代表的な甲類の焼酎です。

美味しく頂くための一工夫として、
酒器に注目してみませんか?

錫製酒器の「たっぷり入るツヤ消しの十角 ペアぐい呑み」をおすすめします。

十角形のデザインは安定感があり、
容量もたっぷりです。

錫右衛門の錫器は、
純度99.9%の「純錫」を使用していますので、
とても柔らかくて軽く、
手にフィットする感覚が独特で魅力があります。
 
☆錫右衛門ショップサイトはコチラ☆
suzuemon250
 

テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

日本酒は悪酔いするのか

人気ブログランキングへに参加しています。ポチ!っと応援よろしくお願いします!


お酒・ドリンク ブログランキングへ

日本酒は悪酔いすると思っている方もいます。

これは、
戦中戦後の品質の悪い日本酒風の酒を飲んでいた方が悪酔いし、
そのイメージが残っていることも原因の1つです。

戦中戦後は、
米が不足していた為、
人工的に味付けをして三倍に薄めた酒が「日本酒」として出回ったのです。

しかし、
近年では「日本酒」と「日本酒風の酒」が明確に分かれていますので、
品質の良い「日本酒」を飲めば、
悪酔いすることも少なくなっています。



悪酔いする原因は、
飲み方にもあります。

ビールなどと同じペースで飲む方もいますが、
ビールのアルコール度数は3%から5%程度で、
日本酒は15%程度なので、
アルコール度数が高い分だけ、
悪酔いしやすくなります。

つまり、
品質の良い酒をちびちび飲めば、
悪酔いしにくいのです。

ちびちび飲むことが難しい方は、
料理をつまみながら飲むようにすると、
自然と飲むペースも落ちます。

「錫製和食器【四方角大皿】」に料理を盛ると、
上品で高級感が出ますので、
自然にゆったりと飲むことができるでしょう。
 
☆錫右衛門ショップサイトはコチラ☆
suzuemon250
 

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

日本酒の肴

人気ブログランキングへに参加しています。ポチ!っと応援よろしくお願いします!


お酒・ドリンク ブログランキングへ

日本酒を飲む時に、
つまみを肴と言うことも多く、
つまみと肴の違いを気にしたことがない方も多いでしょう。

この2つの違いは、
つまみとは料理や菓子類などの食品に限られることに対して、
肴の場合は酒の席での会話や余興・芸など、
食品以外でも楽しむ対象が含まれることにあります。

また、
一般的に菓子類は肴と呼ばれることは少なく、
料理だけを差すこともあります。

料理での日本酒に合うと言われている肴には、
箸で掴みやすい、
手を汚さない、
さっぱりしている、
香りが強くない、
食べやすい、
見た目が美しいなどの特徴があります。



日本酒は日本の文化であり、
日本の晩酌風景というと、
以前は日本酒と小鉢というイメージもあったように、
日本酒と肴は深い関係にあります。

付け合せの料理の見た目が美しいと、
日本酒もより美味しく感じられます。

「錫製和食器【潮待紋角小皿】」を使用すると、
どんな料理でも上品で美しく見えますので、
さらに美味しく感じられるでしょう。
 
☆錫右衛門ショップサイトはコチラ☆
suzuemon250
 

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

日本酒のソムリエ

人気ブログランキングへに参加しています。ポチ!っと応援よろしくお願いします!


お酒・ドリンク ブログランキングへ

ワインにソムリエという職業があるように、
日本酒にも利酒師(ききざけし)という職業があります。

内容はワインのソムリエと同じように、
お客様の好みに合う日本酒を提案したり、
料理に合う日本酒を提案したり、
飲み方や酒器を提案したりする仕事になります。

利酒師の資格もあり、
その試験内容もワインのソムリエとほとんど同じです。

日本酒に関する知識だけではなく、
食品に関する知識、
テイスティング力など、
幅広い知識と鋭い感覚が、
和風ソムリエの利酒師には必要になっています。



このように日本酒のソムリエである利酒師は、
日本酒に関するプロフェッショナルとも言えます。

仕事の関係で資格を取得する方もいますが、
日本酒が好きという理由で取得する方もいますので、
興味がある方は資格取得を目指してみても良いでしょう。

利酒師の資格を取得するのであれば、
色々な酒を色々な酒器で飲む方が良いので、
特選錫五器セット「耀き」を使用すると、
楽しみながら感覚を鍛えられるでしょう。

 
☆錫右衛門ショップサイトはコチラ☆
suzuemon250
 

焼酎のお湯割りの究極形を「口元が薄くシャープなフォルムのぐい呑み」で頂く

人気ブログランキングへに参加しています。ポチ!っと応援よろしくお願いします!


お酒・ドリンク ブログランキングへ

焼酎をお湯割りで飲む方、
多いですよね。

焼酎のお湯割りの特徴は、
アルコールの度数を下げる、
体調に合わせた濃さにできる、
風味が膨らむ、
といったことが挙げられます。

焼酎のお湯割りの作り方ですが、
よく間違ってる方を見かけます。

美味しい焼酎のお湯割りの作り方のポイントは、
まず、
使うお湯は沸騰させるのではなく、
ぬるめか、
やや熱いくらいのものを使うということ。

そして、
お湯を先に入れて、
焼酎は後から足します。

これはアルコールの比重に起因しています。

そして最後に、
混ぜないことが大切で、
自然な混ざり感こそが、
美味しい焼酎のお湯割りの最重要ポイントなのです。

プラスアルファで、
酒器にも良いものを使用しましょう。

京都の錫酒器専門店・錫右衛門の「口元が薄くシャープなフォルムのぐい呑み」がおすすめです。

錫器でお酒を飲むとさらにお酒が美味しくなるというのは、
昔から酒飲みの間では定説でした。

現代における最高級の錫器で飲む焼酎のお湯割り、
ぜひ試してみてください。

 
☆錫右衛門ショップサイトはコチラ☆
suzuemon250
 

テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

日本酒の辛口とは

人気ブログランキングへに参加しています。ポチ!っと応援よろしくお願いします!


お酒・ドリンク ブログランキングへ


日本酒の辛口は、
甘口とは逆に日本酒度が高い酒のことで、
近年は辛口を好む方も多くなっています。

辛口だから辛いと感じるとは限らず、
酸度などによっては甘く感じることもあります。

味の感じ方としては、
その前に付く言葉と合わせて考えると、
判断しやすくなることもあります。

例えば淡麗辛口の場合、
日本酒度が高く、
酸度が低いので口当たりが柔らかく、
スッキリとしていて爽快感を感じるのどごしが特徴になっています。

芳醇辛口の場合、
深い味わいがあり、
しっかりとしたコクがあることが特徴です。

ただし、
日本酒の場合、
実際に飲んでみないと分からない部分もありますので、
目安程度に考えると良いでしょう。



夫婦で色々な日本酒を飲んでみて、
お互いの好みを知り、
好きな酒で差しつ差されつしたり、
お互いに味の感想を語り合ったりすることも幸せな時間となります。

お酒の味が、
よりまろやかになる「ペア・タンブラー(大+小)」で飲むと、
まったりと楽しい時間が過ごせるでしょう。
 
☆錫右衛門ショップサイトへ☆
suzuemon250
 

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

日本酒の甘口とは

人気ブログランキングへに参加しています。ポチ!っと応援よろしくお願いします!


お酒・ドリンク ブログランキングへ

カレーなどに甘口があるように、
日本酒にも甘口があります。

しかし、
この2つには違いがあります。

カレーなどの甘口は、
実際に甘いか甘めに感じますが、
日本酒の場合は、
甘いと感じないこともあります。

これはなぜかというと、
日本酒の場合、
糖分が多いと日本酒度がマイナスとなり、
甘口になるのですが、
酸度やアミノ酸の量、
アルコール度は考慮されないからです。

日本酒度がマイナスになっていても、
他の要素によっては、
ピリピリと辛く感じることもあります。

逆に、
日本酒度がプラスになっていて「辛口」と書かれていても、
フルーティな甘さを感じることもあります。



このように「甘口」だから甘いというわけではありませんので、
実際に色々な日本酒を飲んでみて、
甘いと感じるか辛いと感じるかを含めて、
自分好みの酒を見つけると良いでしょう。

女性の場合、
口当たりが良い酒を好む方が多いので、
夫婦で飲む場合、
奥様は酒の味がまろやかになる「タンブラー小」で飲むと、
より美味しさを味わえるでしょう。

 
☆錫右衛門ショップサイトへ☆
suzuemon250
 

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

日本酒の純米大吟醸とは

人気ブログランキングへに参加しています。ポチ!っと応援よろしくお願いします!


お酒・ドリンク ブログランキングへ

純米大吟醸とは、
日本酒の中でも、
醸造アルコールなどを使用せず、
米・米麹・水だけを原料として造られていて、
米の精米歩合が50%以下の物を言います。

吟醸酒よりも精米歩合が低く、
さらに味や色などが良くないと純米大吟醸とは認められません。

その為、
手間ひまがかかり、
材料も良質なものを使用しますので、
日本酒の中でも高級な酒となっています。

しかし、
純米大吟醸は蔵元からすると儲けが少なく、
売上よりも「美味しい日本酒を造る」という意地で造っているとも言われています。



純米大吟醸の特徴としては、
ずっしりとしたコクがあり、
非常に良い香りがあります。

その味と香りを楽しむには、
冷やで飲むことが最適です。

せっかくの高級な日本酒ですので、
少しずつゆっくりと味わうと良いでしょう。

また、
良い日本酒を飲む時は、
良い酒器に注いで飲むとまた格別です。

お猪口で少しずつ飲むのも良いですが、
「手触感のあるぐい呑み」に注いで、
ゆっくり癒やされながら飲むと、
さらに純米大吟醸の味わいが広がるでしょう。
 
☆錫右衛門ショップサイトへ☆
suzuemon250
 

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

日本酒に合うつまみ

人気ブログランキングへに参加しています。ポチ!っと応援よろしくお願いします!


お酒・ドリンク ブログランキングへ


日本酒が好きな方には、
つまみにもこだわりがある方もいます。

しかし、
普段から日本酒を飲むわけではない方や、
どれが合うのか分からない方もいます。

では、
どのようなつまみが日本酒に合うのでしょうか。

それは、
日本酒のタイプによって変わります。

大吟醸や吟醸などの場合、
果物のような香りと爽やかな味が特徴なので、
あっさりした味付けの刺し身や、
山菜のおひたし、
生春巻きなどが合います。

本醸造酒や生酒などは、
淡麗辛口でのどごしが良いので、
どのような料理とも合うのですが、
冷奴のようなあっさりと軽めのつまみがオススメです。



長期熟成酒や古酒の場合、
複雑で重厚な味わいですので、
うなぎの蒲焼きやチーズなど、
甘みが濃いものや熟成された料理がつまみとして最適です。

純米酒などの場合、
甘い香りと強い旨みが特徴なので、
魚の煮付けや焼き鳥など、
しっかりとした味付けの料理がオススメです。

日本酒を飲む場合、
酒の味とつまみの味を楽しむことは重要ですが、
「錫製和食器【笹巻長皿】」のような味のある食器を使用すると、
日本酒をさらに美味しく飲めるでしょう。
 
☆錫右衛門ショップサイトへ☆
suzuemon250
 

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

錫右衛門フェイスブック

プロフィール

お酒大好き京都の錫酒器作家 錫右衛門

Author:お酒大好き京都の錫酒器作家 錫右衛門
お酒大好き京都の錫作家です。

お酒がおいしく飲める
錫の酒器を京都で作っています~。

使って下さった方からは嬉しい声もいただいています。。

お酒についての色々や、こだわりの錫器について書いております。ブロとも、リンクなどしてゆるくつながっていただければ幸いです(^^)


ホームページでは、結婚記念日、還暦祝いや、定年退職、結婚記念日など大切な方への贈り物として喜ばれる錫の酒器などをご紹介しています。

錫右衛門ホームページ
http://suzuemon.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
極上の錫タンブラー
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも一覧

蕎麦食べて・・・

空き瓶

濱芳の美味酒肴

安井酒造場のひとこと日記

フレッシュビーンズ 本牧珈琲 『時々珈琲』

沖縄食べ歩きやいろいろのブログ

ビクビクB級グルメ道

酒と出会いとお寺とお宮

創業二六〇年 越後村上の地酒屋 『益田甚兵衛酒店ブログ』 

節約メニューと普段使いの食器

オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

たれかは知らねど食べ歩く

とっとこハムすたぁグルメブログin北九州

北海道は美味しいお店がいっぱい!

yeriaの横須賀・横浜ラーメン日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。